匠ですから。

2011年 09月 06日 ( 1 )




タク入院中。

先週の水曜日にタクが左足ひざの手術を受けました。

実は…8月の頭くらいからずっとタクの左足の調子が良くなくて、
右足の時のように触診ですぐに分かるような故障ではなかったため
通院しながら安静&経過観察を続けていました。

でも、1か月経っても足をかばったまま。

このままでは永遠に運動もできないし、やはり靱帯か半月板に
損傷があるのは間違いないだろうということで手術になりました。

開いてみた結果、やはり十字靱帯が断裂していました。
ドクターの話では、初期の関節炎が見られることから
おそらくもともと左足の方が先に問題を起こしていて
それをかばうため負担のかかった右足が先に故障したのではないかと。

片足の靱帯手術をしたコは、半年から1年のあいだにもう片足も。
というケースが多いとの説明を以前から受けていましたが
本当にドクターの予言通り、右足手術後7か月での出来事でした。

辛いけれど、今までずっと爆弾を抱えながら生活しているようなものだったし
もし手術が必ず必要ならば、体力のある若いうちが
いいのかもしれないという思いもあって、複雑でした。

しかしこうなった以上、飼い主にできることは
いつもがんばってくれるタクの迷惑にならないよう
しっかりサポートするのみです。

右足の時はショックと心配と不安と…ネガティブな感情ばかりで
押しつぶされそうになっていましたが
今回はむしろ、治療を「前進」ととらえることができているような気がします。
ドクターも、「今後はいっぱい運動させてあげられるし
そのための手術だから。」と。
活発野郎なタクの“クオリティオブライフ”をいつも考えてくれています。


術後5日目の昨日、タクに面会することができて
すんごい元気でした(汗)
すでに少しずつ歩行練習も始めてくれているとのことで
まだまだ心配は尽きないけれどひとまず順調です。




なんだか、どう書いたらいいか分からずブログ放置でした。

やっぱりどうしても明るくは語れない話だし。

それに、タクの足の手術は私たち家族にとっては一大事だけれど
もっと重大な難病と闘ってるコや
震災で家や家族を失った人や動物がたくさんいる中…
何をどう言えばいいのかなって。

かといって、言わないのもなんか水臭い(?)し(笑)。

つーわけで、面白くない話でゴメンナサイ。


タクが大好きなビーチダッシュできる日まで
明るく楽しく前向きに行きたいと思いまーす。


d0143957_7471144.jpg




ご参考までに、前回の手術の話はこちら



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-09-06 07:49 | タクミ

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧