匠ですから。

私の出産物語4 「切腹」

妄想と痛みにまみれながらほとんど一睡もできずに迎えた朝。
内診の結果、ひと晩中がんばったにもかかわらず子宮口はなんとまだ3cm。
予定通り促進剤を入れることに。

朝7時から点滴で陣痛促進剤の投与をスタートして、30分おきに少しずつ量を増やしていく。
どんどん増してゆく痛み。せばまる間隔。
そのあいだにも助産師さんが何度も内診。(これがまた痛い。)
なのに3cmからぜんぜん子宮口開かず(涙)。

お昼頃に先生がやってきて、夫に帝王切開の可能性について説明。
今すぐ手術しなきゃいけないわけじゃないけど、破水から24時間以上経つと胎児が危険。
3時くらいまで様子を見て判断しましょう、と。
先生が立ち去った後、助産師さんに
「先生はああ言ってるけど、年末だから早く片付けたいだけ。
自然に産めるよ!がんばらなきゃだめ!」
的なことを言われて頭が混乱。
私は先生を信頼してるのに、早く片付けたいからって手術すすめるか?
てゆーか先生と助産師さんにバラバラのこと言われたら、
どうしたらいいか分からなくなるじゃん!! 

この時点で私の方はすでに物凄い痛み。
「ごめんね…痛いよね…」
と言いながら助産師さんが促進剤のレベルをピピピっとアップしていく。

もうヨガの呼吸もジェリーロペスも宇宙の彼方にふっ飛んで、
夫が一所懸命背中をさすってくれるけど、
呼吸しようと思ってもそれすらうまくできず、
口から勝手に叫び声が上がってしまうような痛みにもだえ苦しみまくり。

私が息もできずにわめいていると助産師さんがやってきて、
これじゃ赤ちゃんに酸素が届かないから、まだ産まれないけど分娩台に移動して
酸素を吸いましょう。と言って、点滴ガラガラ引っ張りながら連行され。

分娩台に寝かされて酸素マスク付けられて、腕には点滴、
腹には陣痛と赤ちゃんの心拍を測るモニター。がんじがらめ。
この時点で2分間隔の陣痛。

まじで気が狂いそうなほどの痛み。
なにをどうやっても歯が立たない巨大なエネルギーに翻弄されている感じ。
その大いなる力の前で、自分にはどうにもすることもできない無力感とあきらめ…
ただひたすら苦しむのみ。

例えようもない苦しさだったけど、強引に例えるならば
間違ってハワイのパイプラインに入っちゃって、高層ビルみたいなセットが
息継ぎする間もなく次々にやってきて、しかもその波はどんどんサイズを増す一方で
沖にも陸にもどこにも行けなくて、レスキュー隊も来ない。

もしくは、キングコングが私の下半身をわしづかみにしてひねり潰そうとしていて、
助産師さんたちがそのキングコング君に
促進剤という名のドーピングをじゃんじゃん打っているような。

そんな感じ。ちょっと違うかw

しかもここまで来てまだ子宮口開かず。
赤ちゃんの心拍をとるモニターはピーピー警告音が鳴りっぱなし。
そのたびに助産師さんが私のおなかをぐいぐい押して
むりやり赤ちゃんの心音を拾おうとする。
本当に、頭がどうにかなりそう。

破水から丸一日経過してる。赤ちゃんの心音低下してる。子宮口開かない。
赤ちゃんも私もどうなっちゃうの?
これでもうすぐ赤ちゃんが出てくるっていうならまだがんばり甲斐もあるけど
こんだけ痛いのにお産が進まない。
さらに人工羊水を注入するだ、膜を破るだとひっかきまわされて生き地獄。
素人目から見てもこのまま自然に生まれる希望は薄いことが分かって
絶望感で身も心もズタズタ。
今振り返ってもこの時間がいちばんキツかった。。。

午後3時も過ぎ、
「せんせ~、、もう、、手術でもいいです(涙涙)」
と私が言った瞬間に先生が即、
「うん、手術しましょう!」

ちょっとー!そのつもりだったんなら、もっと早くしてくれよー!!

そうと決まったらいきなり5人くらいの助産師さんに取り囲まれて
あっという間に手術台へ。
服脱がされたり、注射打たれたり、頭と足に何やらかぶせられたり
パリコレの早着替えみたいな状態でされるがまま。
外角膜麻酔って入れる時すごく痛いって聞いてたけど
それまでの陣痛が痛すぎたせいか
小鳥につつかれたくらいにしか感じなかった(笑)。


                        切腹なう。
d0143957_910624.jpg



「もうすぐ出ますよー」と先生。
体を激しくゆさぶられる感覚があって、そのあと
「おぎゃーっ」
と赤ちゃんの泣き声が。
「生まれましたよー。 けっこう大きいよ~。」
3140g! 検診での予想よりは小さかったけど、立派な男の子!
手術台に寝かされてから生まれるまで、10分もかかってないくらい?早っ。
助産師さんが赤ちゃんを一瞬だけ見せてくれたあと、
すぐに注射だか点滴だかで眠らされた。


                  ほやほや。
d0143957_91155.jpg


ちなみに手術の前、待機していた母に先生から、
「赤ちゃんの心拍が低下しているので今から帝王切開します」と説明があったそうなんだけど
そのとき夫はお手洗いに立っていて、もどってきたらすでに手術が始まっていて
びっくりしたんだってw



by umigamechan | 2012-12-28 09:08 | おにぎり

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧