匠ですから。

私の出産物語2 「誘発分娩」

泣けて泣けてしょうがなかった日の翌日、検診へ。
エコーを見た先生、赤ちゃんは3400~3500g位あるかも、と。
まじですか。
このチビの私にそんなデカイ子が産めるのか?
と、若干ビビる。
しかしやはり子宮口は非常に未熟で開いてきている様子もなく、
このまま予定日を2週間以上経過しては
母子共にコンディションが悪くなる可能性もあるため
明日の朝に入院して、バルーンと促進剤を使って誘発分娩をしましょう、ということに。

木曜に入院して、もしかしたら生まれるのは土曜くらいになるかもしれないこと、
万一の場合は手術の可能性もあることなど説明を受けて、
促進剤のリスクや手術に関するおそろしげな諸々の同意書など渡されていったん帰宅。

バルーンの処置もコワいし、促進剤での陣痛は痛いって噂だけれど、
このときはそんなことより
やっと出産の見通しがついたことにほっとしたのでした。



                   赤子出てくんの?
d0143957_924979.jpg




by umigamechan | 2012-12-26 09:00 | おにぎり

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧