匠ですから。

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧




半ケツ。っていうか全ケツ。

さいきん、ずっとこう。




            くっついてあげてますから。
d0143957_14253810.jpg


おかげで私は申し訳程度にしか座れないので、
仕事を終えるころにはおしりが痛いです(困)。

昼間は私と半ケツ、夜は夫の股間。くっつき野郎。
これって地震の影響もあるのかな〜?

いまだに毎日続いている余震。
私が少しでも緊張したり怯えたりすると、すぐにタクに伝染してしまいます。
飼い主のこわがっている顔を見ると、しっぽを丸めて怯え出すんです。
反対に恐怖をぐっとこらえてにっこり笑って「大丈夫だよ!」と言ってあげると
安心して昼寝の続きを始めます。

責任重大(笑)。

大地震の日、もしタクと一緒に家にいて
私が取り乱して騒ぐサマでも見せてしまっていたら
タクの地震への恐怖はきっともっとひどいものになっていたでしょう。
そういう意味では別々の場所で地震に合ったことが
もしかして幸いだった面もあるのかもしれません。

冷静にならねば。
あーコワ。(←だめじゃん(笑)!)





にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-31 14:38 | タクミ

まるまる

もしもし、そこの股間犬さん。
右耳と左前足が、丸まっちゃってますよ。






                       大きなお世話ですから。
d0143957_20454710.jpg






にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-29 20:47 | タクミ

丈夫なおかまちゃん

タクのおともだちのクリス松村くん。



                    紳助ファミリーですから♪
d0143957_12385899.jpg






                 こいつ咬んでも咬んでもちぎれませんから。
d0143957_12391638.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-28 12:44 | お気に入り

フェニックスタク

                   みなさーん
d0143957_23561883.jpg




                   こんにちわんこー♪
d0143957_23565372.jpg



おかげさまでタクがこんなに走れるようになりました。

d0143957_23572333.jpg






                   不死鳥ですから。
d0143957_0232628.jpg


とはいえ術後の足はやはり筋肉が落ちているので
まだ少々疲れやすい感じ。
大好きな海で、うれしい気持ちばかりが先走るタクでした。
ムリせず、ゆっくりゆっくりね。
つーか、まあ落ち着けって(笑)。





                    立ち上がることもできますから。
d0143957_23581316.jpg






                     反りかえることもできますから。
d0143957_2358375.jpg








にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-26 23:52 |

AC?

「遊ぼう」って言うと、




                   いま眠いですから。
d0143957_22102290.jpg


って言う。



「ブタ野郎」って言うと、




                   くそばばぁ。
d0143957_22103928.jpg


って言う。



そうしてあとでさみしくなって
「ごめんね」って言うと




                   うるさいですから。
d0143957_22133567.jpg


って言う。



こぶたでしょうか。




                    いいえ、犬ですから。
d0143957_22105685.jpg








にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-23 22:21 | タクミ

そんな荷物持って来て、

何か、ご用ですか?






                     別に。
d0143957_182588.jpg






にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-21 18:10 | タクミ

父語録

父の話をします。

父は、娘である私から見てもちょっと変わっているというか…かなり独特です。
うまく説明できないけれど。
外観の雰囲気としては、ガッツ石松と長嶋茂雄とカニを足して3で割って、
それから軽く炭火で炙ったような感じを想像してください。



                    ムリですから。
d0143957_162136100.jpg


父は昔から、独自の言語を持っています。
たとえば電卓を「ぺこぺこ」と呼び、スプレーを「ぷーぷー」と呼び、
楽しい気持ちを「メジャー」、暗い気持ちを「マイナー」と言います。
アデランスのCMを見ると、「ハゲは罪人か?!」と叫びます。
ふざけてるわけじゃなくて、ほんとにそうなんです。

そして同じ話を100万回することで周囲に迷惑がられています。(※特に飲酒時。)
家族からしたら、耳タコ。うっさい。しつこい。わかったってば。その話、もう暗記したってば。
ってなことばかりなのですが、そんな父が口癖のように言い続けるフレーズの中に、
ときどき含蓄のあるキャッチフレーズみたいなのがあるんです。
たとえば。


「言ってわかるやつには言わなくてもわかる。」

これはだいたいビール2本くらいやっつけたころに言い出すセリフです。
職人かたぎで他人とのコミュニケーションが下手な父。
きっと、いろんな体験や思いがこめられているのでしょう。
いつも聞き流していたのですが、私自身が大人になり、仕事をするようになってから
たびたびこの言葉を思い出すことになりました。
言ってわかるやつには言わなくてもわかる。
逆に言えば、言わなきゃわからないやつには、言ってもわからない。
そう悟った場面がこれまで多々あったような…。
仕事だけじゃなくて、人との関係とかでも。
たとえば、この気持ち・この感じってあの人には何も言わなくてもわかるだろうけど、
この人にはいくら説明しても理解できないだろうなあ。とかね。
(それが良いとか悪いとかじゃなく。)


ほかには。

「泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生。」

だいぶ酔いがまわってきた模様です。
だれも聞いてなくても突然この言葉と共に“俺ストーリー”を語り始めます。
このあと、「な?俺は16のときから丁稚奉公でどーのこーの、
家が貧乏でどーのこーの」とお決まりストーリーが延々と続き、
さいごにまた「泣いて暮らすも一生。笑って暮らすも一生。な?」とリピートします。
放っておいたら3セットくらいリピートしちゃいます。
これまた子供のころから300万回ぐらい聞かされたワードなので
いい加減うんざりなのですが、この言葉をよく検証してみると
確かにな~と思う部分もあり。
つまり人間どんな時も“心の持ち様”だってことが言いたいんだろうなと。
くよくよせずにいられない時って、だれにでもある。
生きていれば、泣いて当然な出来事にも遭遇するに決まってる。
でも、「ずーっと」くよくよした人生送るのか、
それともくよくよするのをやめるのかは、自分にしか決められない。
「泣いて」の所を別の言葉に置き換えてみることもできます。
「憎んで暮らすも一生。笑って暮らすも一生。」とか。
やっべ、応用しちゃってるよ。父の思うつぼ(爆)?


こんなのもあります。

「今日は泣いてもいい。明日はにこにこしよう!」

だいたい泥酔して帰ってきたとき、何の脈絡もなくこの言葉を叫びます。
ガッツ石松と長嶋茂雄とカニを足して3で割ったような人が言うセリフとは思えないのですが、
これまた子供のころから1億回くらい聞かされたフレーズで、
もうある種のマインドコントロールっす(笑)。




今回の地震のあまりの惨事に、私は避難生活者でもないくせに
一瞬本当に暗い気持ちになってしまいました。
何もする気になれず、ただ怖くて悲しくて不安で。
だけどこんな気持ちでずっといてはいけない、と考えているとき
頭の中にポッと浮かんだのがこの「父語録」でした。

泣いて暮らすも一生。笑って暮らすも一生。

今日は泣いてもいい。明日はにこにこしよう。

生まれた時から2億回も聞かされて(あれ?だんだん数字増えてるw?)、
私にとってはもはや言葉の意味を成さないくらい耳タコなフレーズ。
それがこんな時に出てくるなんて、刷り込みとはおそろしいものですねぇ。
ちなみにもっと全く意味の分からない語録もいっぱいあります…。




                      で?
d0143957_16312251.jpg




                      んで?
d0143957_16313125.jpg




オチはとくにありませんから。








にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-20 16:41 | つぶやき

くっつき虫

余震やら停電やら原発やらにだいぶ怯えている私に愛想を尽かしたのか
タクは夫が帰ってくるとうれしそうです。



                 この飼い主まじチキンですから。
d0143957_1540797.jpg

       



                  こんな時は父ちゃんですから。
d0143957_15393692.jpg







                  さかな臭サービス中ですから。
d0143957_15394616.jpg




なにさ。いつも世話してるのは私なのに。




                  恩着せがましいですから。
d0143957_15395488.jpg




股間タイム。





                   元祖股間犬の哀愁漂う後ろ姿ですから。
d0143957_15401619.jpg







                    枝野さん…おつかれさまですから。
d0143957_15402599.jpg



私がチェックした範囲で、ペット救済活動の団体を紹介してみます。
ご参考までに。

動物愛護団体エンジェルズ(click)
被災地に出向き、動物たちの救助および被災者のペットの一時預かり(無料)、
また現在入手が困難となっているペットフードの運搬を行ってくれているようです。
寄付・ボランティアを求めています。

NPO法人アニマルレフュージ関西(click)
阪神大震災の際も多くの動物を保護した団体で、
今回の震災でも被災地のペットを受け入れるための避難所の設営や、
動物たちの輸送を計画しているようです。
(現時点で具体的にどこまで活動を進めているかは不明でした。)








にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-17 16:10 | タクミ

お顔ピクピク

余震が続いています。
タクは震度3クラスが来ると怯えます。

大地震後に再会した時はとても元気そうでいつもと変わりなかったけれど、
それは私たち飼い主に会えてテンションが上がっていただけ、だったのかも。。。
少し落ちついた今になって、恐怖を思い出したかのようです。

でも、そばにいてあげると少しは安心みたい。
顔面を痙攣させながら眠ってまーす。
(目が開いてるみたいに見えるけど、これで寝てるの(笑)。)





みなさん今後もお気をつけて。






にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-13 15:56 | 動画

スー子の活躍

タクも飼い主たちも無事ですー!
ご心配ありがとうございました。
みなさんはご無事ですか。




                  地震まじおっかないですから。
d0143957_13689.jpg


昨日の地震が来たとき、私はひとりで銀座にいました。
用事を済ませて帰ろうとしていたとき。
大きなビルが立ち並んでいるコンクリートの地面が
まっすぐ立っていられないほど揺れて、その光景はなんかもう不気味すぎ。
歩行者天国でもないのに中央通りはたちまち人で埋め尽くされました。

足ががくがく。
すぐにマンションにひとりでいるタクのところに帰らなきゃと
歩き出したけれど、どこもかしこも完全に交通マヒ状態。
電話もつながらない。有楽町も東京駅も人だらけで電車もストップ。
タクシーも、とてもじゃないけどつかまらない。どこにも行けない。
途方にくれていた私を助けてくれたのは、海外に住んでいる幼なじみでした。
(これがほんとに、スーパー使える女!略してスー子(仮名)っす。)

海外からの電話を受けることはできて、(こっちからはかけられない。)
スー子のナビゲートで、本当にたまたま近くにいた知人に合流。
この人が夫の会社近くまで送ってくれて、奇跡のように夫に合流。
会社の車でとにかく家を目指すも、んもーんもー大渋滞。
前にも後ろにも横にも斜めにも行けない悪夢の時間…
タクが無事かどうかも分からない。大けがしてるかも分からない。

そんなときまたまたスー子登場!
私の母に連絡を取り、私の状況を知らせ、タクを見に行ってくれるよう
伝えてくれました。
スムーズに連絡が取れない中、母が私のマンションに
向かってくれたことをなんとか確認。
なのに待てど暮らせど連絡が来ない。
タク、どうなっちゃってるんだろう。
まさか私に伝えられないようなひどい状況になってるとか?

走り出したいような、どうにもならない気持ちでスー子にメールしたりなんだりヤキモキヤキモキ。
1時間以上たってやっと、「タク元気」という知らせがスー子経由で届きました。
その瞬間たらもう、止まっていた心臓がようやく動き出したような安堵感。
ふだんなら10分の道のりを1時間かけてタクを見にいってくれた母にも感謝だけれど、
それにしても幼なじみのスー子。私にとって親友と言うのとはまたちょっと違う、
姉妹のような、生涯の道連れのような存在の女。
海外にいながらにして私の危機をここまで救っちゃうって、どんだけーっ。
たぶん私がもしイタリアのマフィアに拉致されても、どこからともなく電話かけてきて
「あー、とも?大丈夫大丈夫!
いま知り合いをそっちに向かわせてるから、ちょっとそこで待ってな。」
とか言いそう。

スーパー使える女。
愛してるよー。

結局、地震発生から12時間後に家にたどりつき、タクに会えました。
家の中はめちゃめちゃ。
でもタクはケガもなく、心の傷も特にないらしく(爆)、
とりあえずの幸せをかみしめたのでした。




 





にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-03-12 13:37 | タクミ

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧