匠ですから。

「たまご」ガブリエル・バンサン

鳥さんつながり。ってわけでもないけれど、
本棚を整理していて数年ぶりに手に取った絵本。
これ買ったのって10年近く前かな。
d0143957_19135079.jpg



文章は一切なく、絵も鉛筆デッサンのみ。
なのに、と言うべきか
だから、と言うべきか
これがまたものすっごい迫力ある本なのです。
d0143957_19135827.jpg


自分たちの理解を超えるものを
支配・征服しないと気が済まない
愚かな人間たちの姿。
d0143957_1914692.jpg



そこに言葉も色彩もいらないって感じ。
d0143957_19141470.jpg

d0143957_19142146.jpg

d0143957_1914301.jpg


久しぶりに読んだらなんだか
震災や原発事故や出産を経験した後ということもあって
ヤバいくらい胸にずしんずしん来てしまいました。
読んだあとしばらく気分がふさいで、
読まなきゃよかったと思ったくらい。爆

それくらい、力のある本です。

大いなるものへの畏怖の念を忘れた群衆。
d0143957_19144057.jpg



あー胸が痛くなる。
まるで自分が犯した罪を目の前に突きつけられているかのよう。

そして世界が辿る道は…。
d0143957_1914487.jpg

このあとの物語の終わり方も、深く深く考えさせられる
余韻に満ちています。



「自分のしたことは必ず自分にかえってくる。良くも悪くも。」
これは私にとって座右の銘ってほどじゃないけれど
信じてることのひとつです。
しかも、ちょっと思いつかないくらい意外なかたちでかえってくる。
だからかえってきてることに気づかなかったりするんだけど
必ず絶対“かえってくる”んだってば!!…こわい?

人が見ていないところで小さなズルをしたり
自分が持てばいい荷物を
気づかないふりして人に持たせたり、
そういう小細工しても結局は自分にしわ寄せが巡ってくるし、
逆に、がむしゃらな努力や献身は、
たとえそのことが実を結ばなくても、何も期待してなくても、
いつか別のかたちで自分に戻ってくる。

のではないでしょうか?

とかね。自分にダメ出ししてみたり。
いろんなこと考えちまったよチキショー。

            

           犬は和牛のことを考えていますから。
d0143957_19152254.jpg


オチは犬に任せます。



バナーをクリックしてランキングへの応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!



by umigamechan | 2014-03-14 20:07 | アート

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧