匠ですから。

冷血

台風にビビるタク。



                  お外が騒がしいですから。
d0143957_2055947.jpg



くっつき虫です。




                  飼い主を守ってやってるだけですから。
d0143957_206720.jpg




こんな嵐の夜におすすめの本
トルーマン・カポーティ「冷血」。

d0143957_2061861.jpg


もはや古典か?ってくらい古い本なので
なんか読むのめんどくさそうだなーとか思いながら
今さら読んでみたけれど。

読みはじめたら止まらないー。
カポーティワールドにどっぷり。

この本はアメリカで実際に起きた一家惨殺事件を描いたノンフィクションなのですが。
世の中には小説家(=フィクションライター)にしか書くことのできない
ノンフィクションというものがあるんだなあと、心から感動しました。

奇をてらうわけでも、謎かけするわけでもなく、
すごいだろ?おもしろいだろ?っつー押しつけがましさも一切なし。
なのにぐいぐい引き込まれる。
なんかもう、この本の持つ「物凄さ」のようなものに圧倒されました。
読んでいるあいだずっと、カポーティワールドにもぐりこんでいるような感じで…。

人間って、命って、なんだろう。生きるってどういうことだろう。
読み終わったあとに、そんな普遍的な疑問が心に浮かぶような。
けっして説明できない正体不明の悲しさが
じわじわとこみ上げてくるような。

本当に良い本、というか本物の作品?を読んだあとは
「あー面白かった」という感想には絶対にならないものですよね。

村上春樹が「心臓を貫かれて」というノンフィクションを翻訳したのも
この「冷血」という作品の存在が影響してのことかも?
なんて勝手に想像したりして。

まー、今どきわざわざ「冷血」を手に取って
購入しようとする人なんてめったにいないのでしょうけど(笑)。


あ、また「本ヲタトーク」炸裂しちゃった。



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2011-09-21 20:34 | お気に入り

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧