匠ですから。

カーミングシグナル


お友達がプレゼントしてくれた本。
d0143957_10461778.jpg


「カーミング・シグナル」っていうのは、犬のボディランゲージのようなもので
たとえば緊張した空気をゆるませようとしたり、
怒ってる相手をなだめようとしたり、
相手に対して敵意がないことを伝えようとしたりするときに
犬が発信するシグナル、犬語です。

この本を読むと、犬が普段からものすごいシグナルを
出しまくってることに気づき、驚きます。
犬っておしゃべりなんだな~って。
しかもそのシグナルのほとんどは、
争いやストレスを避けて、平和な空気をキープするために使われています。
犬ってこんなにも平和を求める生き物なのか…と、目からウロコでした。

アホタクですら、この本を読んだ後に観察してみると
たくさんのシグナルを出しているのが分かりました。

たとえばこの写真。
シグナルを理解していない人から見れば
芝生に寝そべってニヤけてるようにしか見えません。

d0143957_10463461.jpg


ところがところが。

・目を細める
・顔をそむける
・身体を小さくする(フセの姿勢)
(・写真じゃ分からないけど、舌をペロペロしてた)

これすべて「今のこの状況がイヤだ」というシグナルなんです。
実はこの写真、海で遊んだあとタクを車に積み込もうとしてる時なの。
タクにとっては“遊びが終わって車に積まれる”という、サイアクな瞬間なんです(笑)。
こんな風に、ほんとにカーミングシグナル出してるー!!って笑っちゃいます。


それからこの写真。
お互いにそっぽ向いているように見える。

d0143957_10464840.jpg


これは相手を避けているわけではなく、
体や視線を微妙に相手からずらすのは、
あなたに対して敵意はない・友好的に関わりたい
っていう意志を相手に伝えているんだって。

面白いでしょー?
この本で犬のしつけがすべてOK!的な本ではないけれど
これを読むのと読まないのとでは、犬との付き合い方が
多少なりとも変わってくると思います。
もしかしたら犬同士のいさかいを事前に防いだり
犬のストレスに気づいてあげられたりするかもしれません。

この本をプレゼントしてくれた友人は、今はわんこを飼っていないにも関わらず
将来いつか一緒に暮らすかもしれないわんこのために、
&今は天国にいる先代わんこのために、この本を手に取ったそうです。
すげくない?その心がけったら。
将来彼女に飼われるわんこは幸せだー。
私も見習いたいと思いまつ。







にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

お手数ですがクリックお願いします↑
いつもありがとうございます。



by umigamechan | 2010-12-13 10:45 | お気に入り

ジャックラッセルテリアの匠とその周辺。
by umigamechan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧